あおいそらに虹がかかる

発達障害をもつ息子の日々を綴っています

子供の可能性を伸ばす、親にしかわからないことがある

スポンサーリンク

3月に入りました。

1年1年があっという間に過ぎて、もうこれ以上老けたくない!
と思う今日この頃です(^^;

うちの息子は、特別支援学校から実習を重ねて、就労継続支援B型事業所への、
就労が決まったのですが、

そこでの息子のコミュニケーション能力が高いと評価してもらえました。

事業所の所長さん:「こんな子は初めてだ、よく話してくれるから嬉しいよ!」
とおっしゃって下さいました(^_^)

この息子の、「おしゃべりがとても上手だね!」と言ってもらえるのは、
学校の先生や、出掛けた先々でも言ってもらえます。

それは、私やおばあちゃんがおしゃべりな事や、毎日家族でのコミュニケーションが多いので、息子は自然とよく話すようになったからです。
それに、お笑い好きな息子は、毎日YouTubeでコントを見たりして、言葉もたくさん覚えました。

happy-ao.hatenablog.com

 
息子は、発達障害を持っていて、自閉症スペクトラムADHDの診断が降りていました。

このような障害をもっていると、「話すのは苦手なんじゃないの?」とか、
物事の理解が難しいんじゃないの?」と思われることが多いです。

実際そう思って、対応されることも多いですしね。

happy-ao.hatenablog.com

 
そして 息子の担当医師でも、息子の成長がどうなるのかは予想できない事も、たくさんありました。

このことから私は、発達障害と言っても人それぞれ違っていて、マニュアル通りではないと思いました。

医師でもわからない、子供の親しかわからないことはあります。
日々一緒に過ごしているのは、親なので、子供の可能性を伸ばせるのは親であると思っています。

その上で、おばあちゃんや学校の先生、担当医師の協力のもと、子供の可能性を最大限に伸ばせるようにしてきました。

昔の私は、「自閉症スペクトラムや知的障害と診断されたけど、将来も息子はあまり話せないのかな?」と思ったこともありました。

でも、成長していくうちに、息子はよく話しをするようになったし、マニュアル通りではなかったのです。

障害を持っている子供の子育てで悩んでいるお母さんに、こんな事もあるよ!と知ってもらって、前向きに考えていただければ幸いです。

それでは今日も、素敵な1日をお過ごし下さいませ!

 

ポチッとしてもらえると励みになります

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
あおいそらに虹がかかる - にほんブログ村

 

 

 

happy-ao.hatenablog.com

 

happy-ao.hatenablog.com