あおいそらに虹がかかる

あおいそらに虹がかかる

発達障害をもつ息子の日々を綴っています

特別支援学校の冬休みの宿題は就労に向けての練習だった!

スポンサーリンク

f:id:happy-ao:20210119175508p:plain

こんにちは、あおです。

Xmasもあっという間に終わってしまい、
今度は、お正月にむけて大掃除など、
みなさん、お忙しくしておられるのではないでしょうか。

息子の通う特別支援学校では、22日が終了式でした。

この冬休みも、宿題がでていて、

先日、 息子がボソッと、

宿題があったな~💦


と言った言葉を聞きのがさなかった私は、

「早めにやらないとダメよ!」

と言っておきました。

なかなか、宿題をやらない息子でしたが、

やっと昨日から、宿題にとりかかってくれました。

今年の冬休みの宿題は、
冬休み明けに前回のb型事業所さんに実習にいく予定なので、

その仕事の練習をする為に、先生が用意してくれました。

↓こんな感じで、取りかかっている息子です

色画用紙を切って、袋詰め作業をする宿題です。

息子は、作業するまでは時間がかかりますが、
取りかかると、集中してやっているようでした。

でも途中で、様子を見にいくとスマホを触っている時もあります💦

そんな時は、

「もう少しだから、頑張って!」

と声掛けしています。

一気にやってしまうとなると、気が向かないので、
「今日は、これだけ!」と数量を決めます。

文字を書いたり、計算するよりも、
このような作業的なものの方が、
宿題として、息子はやりやすいみたいです。

でも、こんな作業は、昔なら取り組まなかったのに、
成長したなと思います。

と冬休みの宿題は、このような感じで進んでいます。

そして、クラスのみんなは進路が全員決まったようです(*^^*)

「良かった!」と、自分の子供の様に喜んでいます。

ほとんどの生徒さんが、就労移行支援事業所に決定です。
そこは専門学校のような場所で、
仕事のマナーについて学んだり作業したりします。

今は、就労移行支援はすごく人気です。


あとは、決まっていないのは、
うちの息子のみとなってしまいましたが・・・(^^;

 

「決まってないのは僕だけだ!」

と、少し焦っている息子ですが、

ここにきて私は、なぜだか、あまり焦ってはいません。

自分でも不思議です。

決まらなければ、それもしかたない、
まぁ、何とかなるさって思っています。

こんな考え方の私って、ちょっと前までは、ありえないんだけど、

でも何だか、そんな自分がかなり好きです(笑) なんだそれ!(≧▽≦)

それは、最近の日々が、
むか~し、心穏やかに過ごしていた頃に戻ってきたからです。

息子を出産してからは気疲れなど神経質になっていた私ですが、
ようやく、これからは落ち着いた日々が送れるのかなと思っています(´ー`)

では、今日はこの辺で終ります。

寒いので、風邪には気をつけて下さいね~!